2021年

10月

13日

生徒さんのクラヴィコード体験へ

10月10日の日曜日、中嶋恵美子先生のお宅に伺いました。
中嶋恵美子先生こと、えみちゃんは、フォルテピアノ製作家の太田垣至さんが作られた、ジルバーマンモデルのクラヴィコードを所有しています。
そしてなんと、先月から広くいろんな方々にクラヴィコードを体験して欲しいと、貸し出しますと公表しています。
古楽器に触れるって、なかなかできないものですよね。
これは、とても貴重なチャンスです♡
私は既に何度も弾かせて貰っていますので、生徒さんを体験にお誘いしました。
その体験の様子の動画とともにブログ記事を書きました。
私も練習させていただいたので、その様子も動画にまとめてみました。
よろしかったらぜひご覧くださいませ。

2021年

9月

17日

歴史的鍵盤楽器から学ぶこと

歴史的鍵盤楽器に触れる機会というものは、なかなかありません。
博物館などで観ることはできても、実際に触らせてはもらえないので、どんな音がするのかどんなタッチなのか体感することができませんね。
この度、中嶋恵美子先生が一昨年ご購入されたばかりのクラヴィコード(タンジェントと呼ばれる金属棒で突き上げることで発音する鍵盤楽器。長方形の箱形の楽器で、テーブルや専用の台などの上に置いて用いる。音量はチェンバロなどに比べると小さいが、打鍵の強さによって音に強弱をつけることができる。)を、ご希望の方に弾いていただきたいと機会を設けてくださいました!
私は幸運なことに何度もこの楽器で練習させてもらっています。
モダンピアノを弾く私たち講師も、歴史的鍵盤楽器に触れてみると、いつもとは違った発見があって勉強になります。
みなさま、ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく♡
詳細をブログに綴りましたのでご覧くださいませ。

※私の演奏動画もあります。まだまだ良い音良い演奏ではないですが、感じが伝われば…嬉しいです。

☆『クラヴィコードに触れてみよう!』


2021年

8月

19日

障害は重くとも

みなさまご存じの方もいらっしゃいますが、私の娘は、最重度の知的障害を伴う自閉スペクトラム者です。ADHD、てんかんも持っています。

自分の気持ちを表現できる手段をほとんど持たず、また危険も理解できないため、現在21歳ですが一人で外出は不可能です。もちろん働くことも無理です。
ですが、私のおなかの中にいるときからず~っと音楽を聴いて育ってきたからか、音楽…とりわけ歌が大好きです。
ピアノを教えた時期もありました。今でも簡単な曲なら両手ユニゾンや交互奏、コード弾きつつの8小節くらいの曲でしたら弾けます。
しかし親の欲が裏目に出て(要はついつい我が子にはピアノに関しては厳しくしてしまって(;´・ω・)…)、ピアノはあまり好きではありません。
これは私の一生の反省点です。。
ところが意外や意外、気分転換に歌わせていた「歌」は大好きなままなのです。これは、私がなんにも厳しくせず彼女の好きにさせて、歌詞が間違っても音程が多少違ってもいきなり1オクターブ下がっても(彼女は『うっ、高い!』と感じると、無理せずその場所だけいきなり1オクターブ下げて歌う術を身につけました)、ほとんど指摘せずに楽しく歌わせていたからだと思われます。
どのピアノの先生もおっしゃいますが、「我が子を教えるのはムリ!」…難しいんですよね。親が先生の場合、子どもに対してついつい感情的になってしまうからです。生徒さんに対しては一切そうではないのですけれど、ね。
我が子というのは、すでに一つの”個”として生きていると親は認めているにもかからわらず、やはりどこか自分の分身のような気持ちでいるからでしょうか。
ただ、娘の場合は他の先生で引き受けてくださる先生が身近にいなかったので、私が教えるしかなかったのが現状です。
現在、私は発達障害ピアノレッスンのFBグループや単独で講師としてセミナーに時々呼んでいただく立場になりました。ひと昔前と比べて、発達障害児・者への理解も、指導してくださる先生方も増えました。でも娘の障がいはあまりにも重く、扱える先生がいなかったんですね。
…ついつい長くなりましたが、そんな「おうただいすき!」娘が一番好きなことをブログで紹介させてください。動画を載せました。どうぞご覧くださいませ。
☆『はっせいれんしゅう』

2021年

8月

13日

まだまだ選曲中

12月末に予定している発表会の選曲、まだまだ続行中です。
大きな生徒さんは早めに決めて早速練習に入っています。
小さな生徒さんはまだまだ伸びしろがあるので、今は選曲より普段の練習を重視しています。
…普段の練習曲より難しい発表会の曲。
前回同様、コロナ禍での本番に向けて、先生も生徒もみんな一丸となって発表会を盛り上げていきたいと思います。
しかしその本番が、リアルになるのかオンライン等になるのか…今の段階ではまだ判断しかねるのがもどかしいところ。
でも、大きな目標に向かって希望と努力を忘れずに果敢に挑戦していくことは絶対無駄にはならないから。
一緒にがんばりましょう!

2021年

8月

01日

久しぶりの音あそび

何年かぶりの「手作り楽器&音あそび」の記事をアップしました!!
夏休み、だけど関東一帯は緊急事態宣言中の過酷な夏休み。
子供たちは、家で過ごすことが多いようです。
ピアノの練習もはかどりますね♡
ドリルの宿題も。
…でも、夏祭りも盆踊りも中止の静かな夏休み。
だからこそ、少しでもおうち時間を豊かに過ごして欲しいなと先生は思うわけです。
今回は、動画で材料や作り方のコツ、そして鳴らし方を解説いたします。
とっても面白い音がしますよ!ぜひぜひ、作って鳴らしてみてください。
そしてたくさん笑ってくださいね。

2021年

7月

24日

第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLA

第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLA
2021年7月17日・18日・19日の3日間、さいたま市にありますプラザウエスト多目的ホールにて開催されました!
初日は小倉貴久子先生のオープニングコンサートで開幕!7台もの鍵盤楽器(打鍵機構を持つもの)の弾き比べで、聴き惚れました。
果たして、今回もやっぱりとっても密度の濃い3日間でした。
感想や感動を胸いっぱいに抱えて、このブログでどう伝えたら良いのか…嬉しさ、楽しさ、新しい発見…素晴らしい体験が多すぎて上手く表現できない自分がいます。

☆『第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLA』

2021年

7月

16日

フォルテピアノ・アカデミーSACLA

今回、フォルテピアノアカデミーSACLAは第3回目を迎えます。
昨年実施できなかった「第3回」を今年に!
ピアノ指導者のみなさま、ピアノを習っている子供たち、はたまた全国のピアノ大好きなみなさま。
むかしむかしの楽器の音色と魅力を存分に味わえる、超貴重な3日間が始まります。
何の分野もそうですが、「むかし」を知ると、「いま」に活かせることがた~くさんありますね。
ご一緒にこの機会を共有できましたら幸いです!

☆『もうすぐ!第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLA』

2021年

7月

06日

選曲開始!

今年の発表会は12月末に開催予定です。
会場はいつものサロンをすでに確保してあります。
本日から生徒たちの選曲開始!
先生の鼻息は荒いデス。全集中、気合十分。
まずは大きい子たちから。
一方、小さい子たちは、まだ短期間で伸びしろがあるのでもう少ししてから。
まだまだ眼に見えないウイルスとの闘いは続きます。
先が見えない不安はみな同じ。
こればっかりは仕方ない。
でも、先生としては、生徒たちのドキドキワクワクを、素敵に発表できるよう尽力するのみ!です。

2021年

7月

02日

教具の有効的な活用法 zoom講座をしました

昨日、zoom講座をさせていただきました!
知らない人の前でしゃべることが超絶苦手な私ですが、たくさんの方々のお力添えをいただき、無事終えることができました。
事前に教具の活用法の具体例を、教具別に説明と実演を交えて動画に撮りYouTubeの再生リストを作成。
いろんな教具や便利ツールを使うため、事前に撮っておくことで説明も簡潔にわかりやすくまとめられ、伝えたい私も観てくださる先生方にも限られた時間を有効に使うことができました。
オンラインという形も、私のように講座で講師として呼んでいただく場合にオソロシク荷物が多い(でっかい段ボール箱が2つでも足りない)ヒトには、意外にありがたいものだと感じました。
何しろ教具もろもろをこちらから持って行く手間がかからない。自宅のレッスン室からお送りできるのも、”こういう子にはこういう風に使っています”、”ああ、そういった場合には…”などと説明する時も、相手に伝えやすいので便利この上ない。
主催してくださった中村直美先生、そしてご参加くださった先生方、本当にありがとうございました!

☆『媒体としての教具のありかた』

2021年

6月

27日

生まれてきてくれてありがとう

本日6月27日は、娘の21回目の誕生日です。
娘よ、生まれてきてくれてありがとう!
…ご存じの方も、そうでない方もいらっしゃると思いますが、私の娘は最重度の知的障害と自閉スペクトラム症、ADHD(注意欠如・多動症)、重度のてんかん持ち、感覚過敏(聴覚・味覚)を持っています。
でも、音楽は大好き!!
ピアノでは簡単な曲(両手ユニゾン、コード弾き+メロディ)しか弾けませんけれど、音楽を楽しんでいます。どうやら、ピアノよりお歌の方が好きらしいです。私がピアノだと厳しくなってしまったからでしょうか。。
母が娘のピアノを見るのはやはりキケンですね(;´・ω・)。
生徒さんへは冷静に対処できますが、娘だとアレですね。
しかし、歌は楽しく歌えればそれでいいと思って私が弾き歌いをして教えました。そうしたら、本人はすっかりそのほうがニコニコ笑顔になりまして。
今現在、娘は元気なのですが薬の影響か、あまりいいお顔の写真や動画が撮れないですが、良い笑顔で歌っていたころの動画とともに、ブログ内でご紹介させていただきます。
みなさま、どうぞご覧くださいませ。

2021年

6月

26日

小倉貴久子のフォルテピアノの世界 第3回J.S.バッハ

昨日は、小倉貴久子先生の《フォルテピアノの世界》第3回
タンゲンテンフリューゲルとジルバーマンによる《ゴールドベルク変奏曲》を聴きに行きました。
場所は新宿の一駅先の初台にあります、オペラシテイ内の近江楽堂。
小倉先生は、ジルバーマンとタンゲンテンフリューゲルの二台の楽器を弾き分けて演奏してくださるとのこと。
先生のことだから、きっと素晴らしいひらめきとアイデアで、私たちが聴いたこともない「ゴールドベルク」を披露してくださるに違いない!
果たしてその演奏は…もうね、想像以上の多彩な音色でワクワクが止まらない素晴らしい演奏でした。
感動をブログに綴りました。

2021年

6月

24日

中嶋恵美子先生とのミニ対談②

 中嶋恵美子先生とのミニ対談、第2回です!
 5分くらいでざっくばらんにミニ対談、しようよ♡と、えみちゃんから声をかけてもらいまして、今回第2回を撮りました。ぶっつけ本番一発撮り、思いっきり地が出ている感じですが、まぁ、肩の力を抜いて。構えずに。話す人も観る人も気楽に参りましょうの対談です。
 
私の娘は、ADHD、最重度の知的障害と自閉スペクトラム症を持つ、20歳の乙女女子です(※6月27日で21歳になります)。
 重度のてんかん持ちでもあり、今非常に難しい時期を迎えておりますが、根はほんわりのんびり自然体のひと。でも見えないもの(人の思いなど)に敏感です。運動神経バツグンの野生児。音楽大好き。特に歌が大好きです。難しいことはできませんけれど、「音楽って楽しい!」という気持ちは育っています。
 ・・・今だから冷静に語れる、乳幼児期の娘の話。音楽大好き!な彼女になる下地を作って来た過程を、少しずつお話して参ります。
 みなさまどうぞお付き合いのほど!

2021年

6月

16日

教具の有効的な活用法

「手作りの教具について」の講座のご案内です。
2021年6月30日(水曜日)
10:00~12:00
zoomにて
私の手作り教具について、その目的や活用法をお話させていただきます!
全国の先生方、ご都合がよろしければぜひご参加くださいませ。

ピアノの先生のアイデアとして・教具
~なぜ使うの?なぜ教具というの?~
↓詳細&お申込みはこちらから↓ 
☆『教具の有効的な活用法 』~6月30日zoom講座について~

2021年

6月

16日

Facebookライブ

6月3日に金子尚子先生とFacebookライブで対談しました。
定型発達の子、発達障がいを持つ子、知的障害などさまざまな特性を持つ生徒のためのレッスン。
ピアノの先生方は、その子に応じたレッスンを心掛けて日々試行錯誤しています。バラエティに富んだ個性や特性を持つ子供たちに、私たち講師はどのように向かい合ったらよいのか。
30分のライブとのことで、さてどんなお話をしたらいいかな?と考えて、実際に私がどんなレッスンをしているのか、一例をご紹介できたら先生方のお役に立てるかなと思い、まずは私の代名詞(と言ったら思い上がりでしょうか…)である「音の階段」(1オクターブ幅)をドドンと全面に打ちだしました。
どうレッスンで活用するのか、何の目的で使うのか、そんな話をしようと思いました。

☆『金子尚子先生とFacebookライブ』

2021年

5月

24日

「音の階段」誕生から8年

早いもので、私が音の階段を作ってから8年の歳月が流れました。
初代音の階段はまだ1オクターブ幅に対応しておらず、大き目のものでした。しかし年々改良を加え、現在ではピアノの1オクターブ幅にジャストフィットさせて製作しております。このジャストフィットするところが最大の特徴です。
今日は、まだ私の「音の階段」をご存じない方にもわかりやすく、製作の目的や経緯、コンセプトやその効果について語らせていただければと思います。どうぞよろしくお付き合いのほど。

2021年

5月

02日

今年度の発表会

早いもので5月に入りました。
新学期も始まり少々バテ気味の子もいますけれど、生徒たちはおおむねいつも通り元気にレッスンに来ています。
マスクと換気&除菌は欠かさずに、気を付けながらのレッスンは継続中。
ただ、ね。緊急事態宣言が解除になっても、引き続きやっぱりコロナ禍です。
首都圏は依然厳しい状況におかれています。油断はできません。
危機感は常に持ちつつ、何とかみんなをステージに立たせてあげたいなと思っていますが、前回と同じくオンライン開催になるかも知れないですね。
冷静に柔軟に判断して開催したいと思います。

2021年

3月

03日

中嶋恵美子先生とのミニ対談

昨日、中嶋恵美子先生に誘われるままに~♪
ミニ対談に出させていただきました!
教具と指導の関係について、ラフに語れてとっても嬉しいです。
喋るの下手だけど、なんかワクワクしています。
今回は第1回目「教具に振り回されない」をテーマに短く5分ほど話しました。
みなさまぜひ聴いてくださいね!!

2021年

2月

17日

発表会が終わりました!

2月11日(祝)に発表会を開催いたしました!
1月に緊急事態宣言が出ましたので、その時点でオンライン開催に切り替えることに。
ただし、当日オンラインでそれぞれのご家庭から演奏を披露する…のではなく、私の教室で事前に一人一人演奏動画を撮り、私がそれをまとめて、当日はみんなでzoomで繋がって観ましょう!という形にしました。
また、演奏動画だけだとさみしいかなと思い、急きょインタビューコーナーも設けました。
たくさんの方々のお力添えで無事に開催でき、感謝&感謝です!!

2021年

1月

05日

今年度の発表会は

ここ数年12月に行ってきた発表会、今回は延期をして2月にしました。
しかし、このコロナ蔓延の状況下ではなかなかリアル発表会を
開催するのはかなりためらいがあります。
みんな楽しみにしている発表会ですが、少し形を変えて
行うことにしました。

2021年

1月

03日

前向きに行こう!

【遅ればせながら...】
みなさま、
あけましておめでとうございます!
今年もきっといろいろなことが起こるで
しょうけれど、娘と二人、しっかりと歩んでまいりたいと思います。
心配事は日々増える一方で、油断すると眉間に皺が(^_^;)。
しかし希望を捨てず、明るく前向きにいきましょう!
生徒のみなさん、保護者のみなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年

8月

20日

今年度の発表会に思う

今年の発表会はどう開催するべきか?…コロナ禍の中、難しい問題ですね。
特に私の住む地域は、荒川を挟んですぐそこが都内です。埼玉県も広いですが、東京と非常に近いのです。東京神奈川埼玉は感染者数も多く、さまざまな問題が山積みになっています。
でもそんな中でもいろいろ工夫されて、入れ替え制とかオンライン発表会など、開催した先生方もいらっしゃいます。
一年前まではこんな日々がやってくるとは思いもよりませんでした。
何をどう判断するかは、講師としての私の責任でもあります。
でもできるだけ、前向きに明るく、みんながなるべくハッピーになれる環境づくりをしていきたいです。

2020年

6月

15日

対面レッスン

対面レッスンに戻してから2週間が経ちました。
”新しい生活様式”ってなんだ?!…と、大人も子供もよくわからないまま、どうにかこうにか生活しています。
オンラインレッスンの中での気づきもたくさんありました。
でもやっぱり対面が一番しっくりきますね!
気を付けなければならないことは山ほどありますが。
普通に生きていくのが難しい時代になりました。
それでもみんなで一緒に頑張って乗り越えていきたいです。

2020年

5月

12日

旧東京音楽学校奏楽堂より

旧東京音楽学校奏楽堂。
素晴らしい歴史的建造物でもあり、日本の音楽教育の黎明期を知る貴重な場であると思います。
私はここが大好きです。
さて、その旧奏楽堂からとっても嬉しい動画が3本配信されています。
ご紹介します。

2020年

5月

05日

小曽根真さんのライブ

学生のころから、小曽根真さんの演奏にはずば抜けてすごいものがあるなあと感じていました。カッコいいだけじゃない、遊びながら弾いていてその場のアレンジが前のとはまた趣が変わったり。今回Facebookでのライブも6000人を超えて、YouTubeのライブに切り替えようかとされたけど、なかなか難しくて~とおっしゃっています。でもその演奏を何とかして、世界で日本で、今必死に人を助けようとしている医療従事者のみなさんや、物流を支えてくださっている運動業のみなさんへの感謝を届けたい。そして家で聞いている私たちには、StayHome、いま私たちができることを、と優しく力強く呼びかけてくださいます。
そしてあの演奏!!!!!もうね、毎晩予想外にワクワクする演奏を楽しむことができて、私たちは一日の疲れをいやすことができます!
生徒さんにもおすすめしてみました!

☆『Welcome to Our Living Room!』

2020年

5月

04日

発達障碍ピアノレッスン情報交換会、zoomで開催!

【発達障碍ピアノレッスン情報交換会】
先月末にオンラインで行われた情報交換会。
オンライン(zoom)で行われたからこそ、全国各地から参加できた先生方も多かったのが興味深かったです。茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡、岐阜、富山、京都、広島、山口から30名先生方のご参加。この形ならではの充実感がありました。
ブログに詳細を綴りました♪

2020年

4月

24日

オンラインレッスン

生音で対面レッスンが当たり前の生活が、できなくなって一か月。
辛いけれどそれをみんな表に出さないように、大人も子供もひたむきに毎日を過ごしています。
この一か月、生徒さんとは文通レッスンをしてまいりました。
この引きこもり生活の中で、みんなピアノがグングン上手になっています。
私は、みんながこの不安定な生活の中でも一所懸命希望に向かって努力している姿が見られて幸せです。
そう、希望を失わないこと。
先行きが不透明な今、大人も子供もみなそこが大事かなと思います。
音楽がどの生徒さんにとっても、常に心の支えになれば幸いです。
ただいまオンラインレッスンに向けて始動しています。

☆『心の支え』

2020年

4月

07日

苦渋の決断

いつも元気にレッスンできること、レッスンに来られること。
当たり前にできてたことが、できなくなる。
それがどんなにお互い辛いことなのか、
今私たちは身をもって経験している最中です。
苦渋の決断はそうそうしたいものではありませんね。
でも、今回は個人だけではなく多くの人と協力して
収束に向けて全力を尽くさねばなりません。
ブログに詳細を綴りました。ぜひご覧くださいませ。

2020年

3月

13日

セミナー延期のお知らせ

3月16日に予定しておりました、〈発達障害ピアノレッスン・アプローチセミナーin富士 その②〉ですが、延期になりました。
主催者であるすみやグッデイ富士店さん、また来月以降に延期日を検討しますとの連絡が入りました。
いらしてくださる予定だったみなさま!
今は日本中が混とんとしていますが、必ずまた富士に参ります。
その日を楽しみに、今はなるべく落ち着いて過ごしてまいりましょう。

2020年

2月

20日

発達障害ピアノレッスン・アプローチセミナーin富士①

2020年2月17日(月曜日)、すみやグッデイ富士店にて「発達障がいピアノレッスン・アプローチセミナー①」をさせていただきました!
どの先生も真剣なまなざしで、そしてキラキラ輝いておられました。ご自身の抱える生徒さんたちのレッスンを、もっと充実したものにしたい、悩みや疑問を少しでも改善に向かわせるヒントを吸収して帰りたい、そういうアツい思いをひしひしと感じました。
みなさま、又来月に2回目で富士に伺います!ありがとうございます。
ブログに詳細を綴りました。ぜひご覧くださいませ。

2020年

2月

03日

キラキラ星変奏曲

右手の甲を怪我してから1か月半が経ちました。
おかげさまでようやく治って、リハビリも完了!!
「先生!怪我が治ったら、発表会の曲聴かせてね」と、生徒さんと約束しましたので、発表会でご披露させていただく予定だった曲を動画に収めました。
自宅レッスン室で撮りましたので、音響も残響もな~んにもありません。デッドな環境での録画となりましたが、生徒さんたちや保護者様方、応援してくださっているみなさまへの感謝を込めまして、ここにアップします。
限られた時間、自分にできる精一杯のみの演奏です。お耳汚しになりましたらごめんなさい。
ブログ内で動画を公開しました。よろしかったらお聴きくださいませ。