ジュスティーニ 12のソナタ集

楽譜を見ながら音源を聴く。
それも、まだよく勉強していない楽譜を。
何度も繰り返し、貴重な音源を聴きながら(^^♪。
昔の楽器で出していた音色を想像しながら現代ピアノでどう音を作るか考える時間。
当時はどんな風な音作りをしていたのか。当時の楽器に相応しい演奏とはどういうものか。私たちは、現代のピアノでそれをどう活かしながら音を紡いだらよいのか。
そういう時間も必要です。それはその人自身の、より深い演奏に繋がっていくことですものね。
ブログに詳細を綴りました。ぜひご覧くださいませ。