小倉貴久子の「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」第35回エーベルル

12月27日(木)後半は、小倉貴久子先生の演奏会に行きました!小倉先生の音楽に懸ける思い、楽器や作曲家への尊敬の念、それは私たちには手の届かない領域まで達しておられるような気がします。私たちには到底真似できない奏法や研究をされているのに、演奏会で聴く先生の音色や楽器と対話する姿勢には何の圧も感じません。聴く人にはただただ心地よく、音楽に没頭できる時間をくださるのです。
ブログに詳細を綴りました。