フォルテピアノとクラヴィコード

先日、フォルテピアノ奏者の小倉貴久子さんの演奏を聴きに行ってまいりました。
今回はフォルテピアノ(ヴァルター)だけではなく、クラヴィコードの音色も堪能。
素晴らしく贅沢な時間でした。
直に演奏を聴き、その感動を表現するのは難しいですね。
いっそ表現しないほうがいいのかも知れない。
でも、伝えたい気持ちはあるんです。
みなさんに体感していただきたい、この親密度。
小倉さんだからこそ生み出すことができるその音色は、琴線に触れる…どころではなくて
(←私の場合)、琴線だけじゃなくて心まるごとわしづかみ…といった感覚でしょうか。
わしづかみされても全然嫌じゃない感。
機会があったらぜひみなさまにも聴いていただきたいなと思います。
ブログに詳細を画像とともにアップしました。どうぞご覧くださいませ。