北とぴあ国際音楽祭

プロの演奏を聴いていて、緊張しないで聴けることって…滅多にないです。
大好きなアーティストであっても、聴くこと観ることに全神経を集中させていますものね。
でも、ガチで演奏を聴いていても心地よく、心の凝りがほぐれていく感覚は、そうそうないです。心が欲する音楽、心にしみわたる音楽、それがフォルテピアノ奏者・小倉貴久子さんの演奏なのだと思います。
技術的に難しいであろうことなど、聴いてみたいことはてんこもり出てくるのですが、それはとにかく横に置いて、小倉さんの発する音色を素直に楽しみたい自分が常にいるんですよね。
至高の芸術性の中にどっぷり浸れる…こんな幸せって♡