共に学ぶものとして

心が何度折れても、それが今の自分の姿。
ダメとかいいとかは置いておいて、とにかくその自分の姿を受け容れる。。
そこが一番大切なんじゃないかなと思います。
講師として、生徒さんと共に学ぶものとして、常に自分を磨く努力をしていこうと
いつも意識しながら練習をしています。