念入りに

私が子供のころに習っていた先生の発表会を、ふと思い出しました。
緊張もしたけれど、終わった後はすがすがしい気持ちだったのを覚えています。
たった一回の本番だからこそ、なるべく無駄のないように時間と空間を使いたい。
演奏者がみな、心地よい時間を過ごせるように。
音楽を通じて、奏者と聴き手が一体となる場を提供できたら…。
私の先生もそう願って発表会をされていたのでしょう。私もそうでありたいなと
思います。