読譜力をつけるために

幼児さんや発達障碍児・者にとって、目には見えない「音」の存在は、
体感的に理解できても、その「音」を使って感情表現をするまでには
相当な時間と努力が必要ですね。
私たちにとっては簡単なことでも、生徒さんにとっては難しいことが多い”読譜”…!
ブログに詳しく綴りました。