指導のプロフェッショナル

私たちは、指導のプロフェッショナルでありたい。
そのために、本来ならばいつでも全力を傾けられる状態でいたいものです。