本当は生の声で

 

私はクラシック畑の身なので、どうしても生の演奏、つまりはマイクを通さない演奏を第一に考えたいの

です。

しかし、生徒さんの弾き歌いやソロの歌(これは主に小さな子)を本番でやる場合には、マイクを入れないと客席には聴こえませんね。
そしてウチの娘のように、出せば出るのに、なぜか小声で歌う子にもマイクが要ります。
ピアノの音に負けて、自分の声さえ聴き取れないからです(^_^;)。
まあ、これはレアなケースですが。
私は基本、弾き歌いでもマイクは使わないです。
会場の大きさにもよりますが、ね。
ピアノソロや立って歌うソロではなおさらマイク
は入れません。機械に頼らず、どれだけ自力でピアノや声を鳴らせるか…人の心に直接届く音色を響かせることができるか…そこに重きを置いています。