トンネルの中を進む


心が晴れの日もあれば、

くもりや雨の日もありますね。
それは大人でも子供でも。。
昨日は娘サンデー、娘とじっくり向き合う一日
でした。
しかし、自閉症を持つ彼女は、最近特に心と
身体の良いバランスが取れずに苦しんでいます。
長く暗いトンネルの中を、変わらず旅する親子で
ございます。
最近、発達障碍児・者のレッスンを受けてくださる
先生方も増えました。
とても喜ばしく、ありがたいことだと感じています。
娘の姿はほんの一例にすぎませんが、自閉症児
への理解へ少しでもつながれば幸いです。
彼ら彼女らは、できないこともありますが、どうして
できないのかわからずに苦しんでいます。
普通の人なら簡単に解決できることが、彼らには当たり前ではないのです。
一見、わがままな行動に見えることもあるでしょう。
しかし、そこをただのわがままととらえてしまうと、そこで彼らへの理解も指導も
ストップしてしまいます。
発達障碍児は、この世の中で何とか生きようと一生懸命なのです。
その純粋な気持ちをどうかくみ取ってあげてくださいませ。
…なんだかお願いになってしまいましたが、発達障碍児への理解に少しでもつながれば
こんなに嬉しいことはありません。