夏休みを有意義に


夏休みを有意義に過ごしたいと思うのは、

子供も親も。
生徒さんたちには、普段より時間が取れる
ようなら課題を多めに、そして普段より濃い
内容での練習を求めています。
塾の夏期講習や、部活の試合合宿、また
受験勉強で時間が取れない子たちには
無理な課題は出しません。
できることをコツコツやるよう促しています。
やるかやらないかは生徒さん次第。
できるかできないか、ではなく。
さて、そのどれにも該当しない生徒が我が
家に一人。娘です。
特別支援学校は8月いっぱいまでお休み。
このあたりの子供たちは、8月最終週から
学校が始まります。娘の夏休みは長いです。
付き合う母の覚悟も相当なものです(笑)。
本人はやりたいことがいろいろあるようです
が、母としては「やらなければならないこと」
をこなせるように導かなくてはいけませぬ。
ブログに少々綴りました。