ピアノに寄り添う


自分のピアノを持ち運んで演奏できたら、一番

安心できると思いますが、ピアノと言う楽器は
そうそう持ち歩けません。
だから発表会や弾き合い会、もちろんレッスン
でも、その場にあるピアノに自分から歩みよって
合わせていくことが必要です。
そしてそこには必ず緊張が伴います。
良い緊張感を持って演奏に臨みたいものですね。