連弾の難しさ

三枝隆先生の「一音のファンタジー」全曲を、

生徒さん一人一人と練習しています。
どの曲も素敵な響きに満ちていて、非常に魅力的!
生徒さんや保護者の方々も気に入ってくださって
います。しかし、”一音”を表情豊かに演奏すること、
プリモ(生徒さん)とセコンド(私)の音のバランスを
聴きながら一つのまとまりのある演奏にすることは
なかなか難しい。
練習し始めた小さな生徒さんと、一歩一歩そんな
理想の音に近づくべく、レッスンでともに頑張っています。