体重移動のおはなし

ピアノという楽器は、左右に長い鍵盤を

持っています。小さなお子様からすると、
かなりの幅広さですね。
もちろん最初から全部の音域を使うことは
ありませんが、少し上達してくると
使用する音域が広がって来ますから、
身体をうまく使って体重移動をしながら
弾くことが必要です。
指先に、音に集中し、姿勢にも気をつけながら
体重移動も同時に行うことは難しいですね。
そのことについて詳しく書きました。
生徒さん一人一人がしっかりと身体と心で
理解できるようになるまで、指導しています。
私のブログ、よろしかったらぜひご覧くださいませ。