本番の後

本番も大切ですが、その後のことも大事です。

難しい曲に挑戦してやりきったら、
その次の課題に意欲的に向かってもらうために、
講師もあれこれと手を打ちます。
もちろん、やりきったらしばらくゆっくりして欲しい
ですから、そのあとのことを。
「鉄は熱いうちに打て。」
そう、気持ちが燃えているうちに
さらに向上してくれたらと思います。