近江楽堂にて

先日、小倉貴久子さんの

『モーツァルトのクラヴィーアのある部屋』第11回

の演奏会に行ってまいりました。

CHOPIN4月号のフォルテピアノの特集にも

小倉さんの記事が載っています。

モーツァルトやベートーヴェンが

実際その当時に使って作曲をしたであろう、

フォルテピアノ。

ヴァルターに作曲家の思いを乗せて、

非常に美しい演奏を披露してくださる、小倉さん。

いつ聴いても、耳に心に染み入っていくその音色に癒された、貴重な時間を過ごしました。

 

☆ 『作曲家の声が聴こえる』→