春は名のみの

ついこの間「新年おめでとう!」と

言葉を交わしていたと思ったら、

あっという間に一月が行ってしまいました。

この勢いできっと二月逃げ、

三月も去っていくのでしょうか。

なんだか時が過ぎるのが年々早くなっている

気がして、気持ちばかりが焦ります。

さて、早春の気配を少しずつ感じられるように

なったこの季節。

四季折々の風景を愛でる心を持つ私たち日本人ですから、

やはり自然にこの曲を歌わずにはいられませんね。

 

☆『早春賦』→