叱られても

生徒さんを叱咤激励することは良くあります。

時には本気で叱ることも・・。

本当は叱ることもしたくはありませんが、

やはり独りよがりな考えに偏っている時には

正しい方向性を見失っているので、

導く意味で叱ります。

こちらの誠意が伝わると、

生徒さんも本気を見せてくれます。

そうしてより良い演奏に変わっていったなら

私も嬉しいです。

「叱る」ことは感情的に怒るのとは違いますね。

その子のことを思えばこそ、

諭したいがために行う行為です。

・・・私事ですが、我が子に対しても然り。

本気で叱るのですが・・・娘にはなかなか伝わらないのが、

親としてはもどかしいです。

でも、それも娘の持つ特製ゆえですので、それ以上は責められないのも本当です。

生徒さん育ても子育ても、一筋縄ではいかないですね。

 

☆ 『なかよく』→