忘れられたピアノの歴史たち

昨日は、渋谷のタカギクラヴィア松濤サロン

まで行って参りました。

松濤クラシックまにあ〈忘れられたピアノの歴史たち〉

第2回「なぜオルテピアノが消えたのか?」

タカギクラヴィア社長であり、ピアノプロデューサー、

ピアノ技術者でいらっしゃる、高木裕さん。

「今のピアノでショパンは弾けない」

(日経プレミアム)の著者でもあります。

高木さんのトークと、

フォルテピアノ奏者の丹野めぐみさん。

深みのある演奏を聴きながら、

ピアノの奏法や表現法について

改めていろいろと考えさせられました。

使用楽器は、

C.グラーフ(ウィーン、1835年のレプリカ)。

ピッチはA=430。

非常に繊細な表現力を持っている楽器だと感じました。

そして、奏者の精神性までも映し出す楽器であると。

ピアノという楽器、フォルテピアノという楽器。

それぞれの特徴と魅力を再発見したひとときでした。

 

☆ 『もっとも内的な』→