客観視できるように

生徒さんの演奏を聴かせていただき、

私の指導を通して生徒さん自身が自分を

客観視できたら上達すると思うのです。

アーティキュレーション、デュナーミク、等々。

それらを実践するための具体的な奏法を

教えるのが私の役割ですが、

生徒さんがそれをしっかり理解し、

より良い音色に仕上げて行くための

努力をしないといけません。

心の中で反芻し、消化していかないとですね。

昨日のレッスンでは、自分の練習について

このように細く分析してきてくれた生徒さんがいて、

講師はビックリしたのでした。

☆ 『自己分析力』→