模様で読む

レッスン教材として使用している中に、

5線で表わす音高を1本線や2本線のみとし、

簡略化しているものがあります。

まだ初歩の生徒さんに、

いきなり5本の線はわかりづらいですよね。

昨年参加したセミナーでご縁をいただいたある先生から、

こんなカードを作ったよ♪と、

アイデアを教えていただきました。

この補助教材は、”模様として音を読む”ものです。

使い方は、さまざま。

講師の指導の技量が試されそうな、シンプルでスゴ技な教材です。

でも、楽しそうに読む生徒さんたちを見ていると、

「よ~し、次はあんなアプローチでいこうかな~」などと、

ワクワクしてくるのです。 

☆ 『模様読みカード』→