私は黒子

私の存在は、黒子のようなものです。

相手とする生徒さんや娘が、

みんなそれぞれの個性を活かし、

演奏を通じてより光輝けるように、

日々サポートしていく。

それが私の”仕事”であり、

使命であると日々感じます。

☆『黒子のようなもの』→