芽吹く時

生まれてから、言葉を発するまで…。

耳から入った”言葉”という水が、

心の中にいっぱい溜まって、

いよいよ外へ溢れ出す。

子供が大人の発する言葉を聞き、

喃語をしゃべるようになり、

いっちょまえに大人の口真似をし、

そしてだんだん自分の考えを

しっかり話せるようになりますね。

私の娘が一語文を言えるようになったのは、小2でした。

二語文は小4。

…言葉と音楽は、繋がっていますね。

というか、一体であり切っても切り離せない関係だと思います。

彼女の中では、今やっと”音楽”が心の中から、表へとあふれてきたようです。

私に言われるままの”音楽”から、自分の”音楽”へ。

少しずつですが、その変化を見るのは嬉しいことです。

☆ 『さんぞくのうた』→