本気を見せて

何事も中庸に(=Moderato)が大事かなと

思う時があります。

中庸。中道。「ほどほど」がちょうどいい、と。

しかし、本気で取り組んでいることに関しては、

持てる力を総動員して(全部で=tutti)

コトに当たる場合もあります。

毎日のレッスンも心から楽しく本気で♪

そして、時にはそのレッスンの中で

厳しく「本気で」叱ることも。

それは、生徒さん自身のためであると思うからこそ…です。

生徒さんのことを良く理解している(つもり)ですので、

先生は心を尽くすことを厭わないのです。

先生の「本気」に対して、生徒さん自身の「本気」を見せて欲しいから…!

☆『本気で叱る』→