音楽講師としての学び

生徒さんに向かい合う時、

確固たる根拠をもとにお話しをしたり、

指導をさせていただきたいものです。

「音楽」という掴みどころの無い「時間の芸術」を、

一人一人の理解力に合わせて、

さまざまな方法で伝えて行きます。

それは経験からくる事前準備によるものだったり、

レッスンしながらの臨機応変な対応だったりします。

講師も常に自分を磨いていないと

できない作業だと、痛感しています。

自分の指導に自信を持つことは必須ですが、

そこに慢心しないようにと警鐘を鳴らす自分もいます。

なかなか学ぶ時間を捻出するのは難しいですが、

少しづつでも前進したくて一つの挑戦をすることにしました。

☆ 『藤 拓弘先生の「ピアノ講師ラボ」』→