梅の小枝で

いつもはただ通り過ぎる道に、

華やぎを感じる季節です。

今年は春が来るのが遅いな~と震えながらも、

ふと見上げると美しい花が咲いています。

植物に疎い私は、

「ああ、ここに梅があったっけ。」とか

「ああ、この木桜だった!」と

毎年花が咲いてから気が付く人です。

もっと、自然を愛する人になりたいです。

…いえ、自然は大好きなのですが、

もっと関心の持てる人に…ですね。

☆『うぐいす』→