より美しい音を目指して

指導者としての役割は”技術を伝える”だけでなく、

音で自分の内面を表現できるように

さまざまなアプローチを用いて、

生徒さんを導いていくことだと思います。

テクニックを身につけるのは容易なことではありませんが、

楽しく学べる子供用の教本は今も昔も…!

「楽しくすてきに弾きたい」

→そのためには「練習をしなくては」

→結果「自分にも、きれいな音で表現できた」

…という、良い循環が生まれるなら一石二鳥、

いや三鳥か四鳥♪ゲットできますね!

『納得できる演奏を』→ http://ameblo.jp/c-clef-y/page-2.html