意外と良く見ている

だんご三兄弟♪
だんご三兄弟♪

本日は埼玉県民の日です。子供たちはお休みですが、

大人はお仕事です。(でも、この日に合わせて休暇を取った

お父さんお母さんもいらっしゃいますね。)

さて、休日だということで親バカな話題で失礼いたします。

先日、娘が面白い絵を描きました。

ご存じの方も多いと思いますが、娘は自閉症児です。

模倣するとか、人とコミュニケーションをとる

(会話を含む)といったことが苦手です。

さらに知的にも重い障がいを抱えているので、

健常のお友達とはなんとも比べようがないのですが、

それでもゆっくりと本人なりの成長が見られます。

親はそれを見守るだけです。

さて本題の絵ですが、彼女は「だんご!」と言いながら、

自力で描きました。まずはひらがなで”だんご”。

そしてその下にはおだんご3つと、ブスッとさしたクシが!

…これが、すごく立体的で親は面白くて笑ってしまいました。

さらに、大好きなキティちゃん。キティちゃんのお顔もおだんごで囲んで、

満足げな彼女です。

…不思議なもので、大人が思うより子供って良く見ているし、良く聞いています。

昔からレッスンを通じて感じていたことですが、改めて最近の娘のめまぐるしい

成長の中で、そんなことを思います。

そして、音楽で表現する基本=”聴くこと”も意外とできているものだと思いました。

(かたよりもありますけれど…ね。)

『やんちゃ娘語録・2012年秋』→