やる気を根気につなげて

ピアノも声楽も、楽器を演奏する技術や優れた作品を通じて
自分を表現する力を得るまでには、かなりの時間を要します。

やる気と根気が必要です。

やる気満々であることは、何よりすばらしい!
そして、レッスンや自宅での練習を重ねて行くうちに
「これは、じっくり反復練習が必要だな~」
と、生徒さんが心底納得できたときに、本当の意味での

”自分の練習”がはじまります。

”自分の練習”は、”自分の心を磨く”ことにもつながります。

先日、上原ひろみさんがテレビで演奏されているのを拝見しました。
私はこの方も大好きです。
…あの、すっごく楽しそうに演奏している裏には、ものすごい努力が隠されていますね~。

私も、生徒さんに”練習することの意味”を伝えていきたいですし、
自分にも常にその意味を問いかけながら、

ピアノや声楽の練習に取り組み続けて行きたいと思っています。