さまざまなアプローチで

指導させていただくとき、

一人一人に合った教材や指導方法・声かけ・

コミュニケーションの取り方など、

工夫をしながら取り組んでいます。

 

講師の先生方はみなさんそうだと思います。

個人レッスンの場合はなおさら、

”通り一辺倒の方法”で通用しないでしょう。

講師も演奏するだけでなく、勉強を積み重ね、

試行錯誤しながらのレッスンです。

 

生徒さんからも多くを学んでいます。

先生同士でも、刺激を受け合って更に良いレッスンを提供したいと、

常に思いながら日々精進しています。

先日、ある生徒さんのレッスンでまた一つ小さな気づきを頂きました。

たまには、目の前からピアノの存在を外してイメージトレーニング♪

鍵盤のふたで行うよりも、その子にとっては「びびっ」と通じたところがあったようです。

☆『エア・ピアノ』→