伸びる力

ただいま反抗期(?)の人
ただいま反抗期(?)の人

どの生徒さんも、
「ピアノや歌が上手になりたい!」
という気持ちを持って、レッスンに来てくれます。

 

どうせやるなら、少しでもうまくなりたいと思うのは、
大人も子供も同じですね。

それは楽器の演奏に限らず、好きなスポーツだったり、

勉強だったり、得意なことだったり…。

人それぞれに「向上したい!」という気持ちは必ずあるもの。

毎週の課題をきっちりこなして、先生にいい演奏を聴かせたいと
張り切って来てくれる生徒さんの笑顔に、
先生も毎日励まされています。

 

また、一見(ホントにやる気があるのかな?)と思える状況でも、

いざレッスンを始めて課題をこなずうちに、
「そうか~。それなら、もっとこうしたい!」
という欲が出てきます。
そういう欲は、いくらあってもOKだと思います。

生徒さんとのレッスンのなかで、楽しくお話しもしながら、でもやるときは集中して練習に取り組む中で、それぞれの生徒さんの伸びていく姿・たくましくなっていく姿を見るたびに、私は心の底から嬉しくなるのです。

 

向上しない生徒さんはいません。
必ず、どの子も上へと伸びようとする力を秘めています。
私たちはその力を信じ、その生徒さんにとっての最良の方法を、模索し、見つけ出し、

ともに実践して学んでいくこと。

 

生徒と先生という、「教えられる側と、教える側」の立場でのレッスンではありますが、

時には肩を並べて一緒に歩み、うまく行った時には最高に喜びあえる、そういう関係でありたいと思います。