地道な努力

昨日午後に、コンサートを聴きに行きました。

戸田市にお隣、川口市で

「きらきらコンサート」が開催されました。

 

これまたお隣の蕨(わらび)市で、

童謡唱歌の会や合唱の指導をされていらっしゃる

森田明子先生が中心になって、

開かれたこのコンサート。

 以前、小柳拓人さんのコンサートを通じて

森田先生とご縁をいただきました。

 

今回も自閉症のチャレンジドミュージシャン、

小柳拓人の”おっかけ”としてうかがったのですが、森田先生の活動も拝見したくて、

とても楽しみにしていました。

 

コンサートの主旨がまたすばらしくて感動しました。

 

  「きらきらコンサートは

 障がいを持つ者と持たない者が共に集い

 音楽の好きなもの同士

 学習成果を発表し互いに認め合い励まし合う

 音楽交流の場である。…」

 

まさに、それを実現したステージでした。

ここにすべての感動を表すのは難しいですが、どのソリストの演奏も、

そして森田先生率いる合唱団のみなさんの演奏も、すばらしかったです。

小柳拓人さんの演奏は、言わずもがな…です!

私は3列目(←事情により^^;)で、かぶりつきで観て(聴いて)いましたが、この迫力、その真剣な目、きれいな音色。

 

曲目は、ショパン作曲”ソナタロ短調op.58 終楽章”。

 

私の憶測ですが、社会人として働きながら演奏活動することは、きっと容易では無いはず。

自らの障がいとも向き合いながら、地道な努力を積み重ねてきた上での今日のこの演奏。

脱帽です。

 

そして、ヴァイオリンの本間惟彦(ほんま のぶひこ)さんとの「ノブタクデュオ」。

拓人さんはフル―トを吹き、惟彦さんと文字通り息を合わせて、

”少年時代~パッヘルベルのカノン風”と、

”ラデッキ―行進曲”を披露しました。

 

純粋に音楽を愛するということって、こういうことをいうんだなぁ、と気づかされました。

 

写真は、右から本間惟彦さん(お母様とモンティのチャルダッシュを演奏。)、小柳拓人さん、鎌田直樹さん(トップバッターで”虹の彼方に”を演奏されました。)、私です。

 

<小柳拓人さんのブログ> http://takutopianoflute.blog48.fc2.com/   

(関連記事)『きらきらコンサート』