ブラームスさん

ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームス。

気難しいそうなイメージがありますが、
若き日のブラームスはふさふさとした亜麻色の髪、
はにかんだ表情をみせる口元、
何かしら底知れぬ深いものを秘めているような
青い瞳をした美しい青年でした。

 

1853年9月30日ブラームスは、
デュッセルドルフのロベルト・シューマンを訪れ
自作のピアノソナタハ長調を演奏し
深い感動をあたえました。

 

そしてシューマンは、自らが20年前に創刊した音楽評論誌「音楽新報」に「新しき道」というエッセイを載せブラームスを絶賛しました。

ブラームスと言えば「子守歌」、「ワルツ」、「ハンガリー舞曲」などの曲が思い浮かぶでしょう。


ブラームスは、ベートーヴェンを心から尊敬していました。
音楽はどれもすばらしく、きわめてロマンティックな作品、力強くたくましい作品、やさしくて心がほっとする作品など様々な性格を持っています。
形式的にはバロック・古典派(バッハ、モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン)からの伝統を守り、その論理性をとことん追求し響きは比較的地味ですが、その音楽はきわめて入念に仕上げられ、非常に精緻であり高い完成度を示しています。

 

教室にある、伝記まんが「クララ・シューマン」にヨハネス・ブラームスが出てくるので、生徒さんはこの石膏像に興味しんしんです。
親近感が湧いて来ているようですので、この機会にブラームスの作品にも親しんで欲しいと思います。