西条八十先生への手紙

  帽子        西条八十 
 
 --母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?
 ええ、夏碓井から霧積へ行くみちで、
 渓谷へ落としたあの麦稈帽子ですよ。

 

 --母さん、あれは好きな帽子でしたよ。
 僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。
 だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。

……。


西条八十(さいじょう やそ)先生。

 

みなさんはご存じですか?
この有名な詩だけではなく、童謡や歌曲の歌詞も作りました。

♪かなりや (歌を忘れたかなりやは~)
♪お菓子と娘 (お菓子の好きなパリ娘~)

曲名や出だしの歌詞でピン!と来たかたも多いでしょう(^^)。
私も大好きな曲です。

しかし…今日はこの曲ではなく、「帽子」が頭の中でリフレインしています。

 

西条八十先生…!

 

「帽子」の中の「僕」は”ずいぶんくやしかった”、と…。

しかし、先生。

毎年くやしいのは、我が家では私なのです。

困るのは自分なのに、毎年新調する麦わら帽子を落としたり、

わざと落としたり投げたり折ったり隠したりする人がいるのです。

今年も、新調したのにもうよれよれになって、

夏の終わりまで持ちこたえそうにありません。


母としては、

「せっかく買ってあげたのに~!」

というむなしさを減らすべく、シンプルな”つば広の帽子”を買ってきて、

可愛いアイテムでアレンジしています。

この帽子は、すでによれよれのがいつ無くなっても困らないように、

予備として作りました。

 

連日の熱帯夜の中、母の夜なべは続きます。

まさか、一夏で二つ用意する羽目になるとは思いもしませんでした。。。

 

西条八十先生。
明日は、明るく♪お菓子と娘♪を歌いたいものです。