音の階段について

◇1オクターブ幅の音の階段◇

 

この教具は、幼児や発達障碍児の音の並びと高低の理解をより深めます。

卓上やピアノの鍵盤上で使用できます。この音の階段は、幹音のみを学びの対象にしています。また、音の高低が理解できれば良いのであえて全音半音の区別を階段の段差に反映させていません。

全音・半音を区別する、また派生音を理解する前に覚えるべきなのが、

 

〇ピアノでは左から右へ向かって音が上がり、右から左へ向かって音が下がるということ

〇音の並び順は決まっていること

 

…この2点ですね。

教える側には当たり前でも、生徒にとっては当たり前ではないことが多いもの。当たり前でないならなおさら、スモールステップで学びを促していくのがベストでしょう。一度にたくさんの情報を処理するのは幼児や発達障碍児には難しいことです。全音・半音の区別や、派生音については少し横に置き、まずは上記の2点を理解してもらうために「音の階段」を使います。

音の並びや高低の関係性を視覚化したものが「音の階段」です。視覚化することで「音」の存在をより立体的にとらえることができ、感覚的に覚えることで記憶に残りやすくなると思います。

このことは、いずれは全音・半音や派生音の理解、和音の基本形→展開形の理解からその先へとつながる重要なステップであると考えます。音の階段を使って先生が生徒にクイズを出し、即座に応えられるようになるまで、根気よく指導し続けていくことが大切です。

 

    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

ここでは音の階段について、少しずつ語っていけたらと…勝手ながら思っております。お付き合いいただけましたら幸いです。

「音の階段」は、3年の年月をかけて現在の形状になりました。

レッスン教具のSHOP「やすこ先生のお店」で絶賛販売中です。

おかげさまでこれまでたくさんの先生方が購入され、ご好評をいただいています。

実際に指導する先生方が、生徒さんへのアプローチをしやすいように工夫を重ねています。

より効率的な学びにつながりますように。

私は明確な指導目的とともに、この教具をレッスンで活用しております。

視覚的にまた感覚的にも、音の並び(可逆的な音の並び)を覚えやすく、音の高低についてもよくわかるようです。

幼児さんや発達障碍児が「音の並びと高低の一致」について、理解を深めていってくれたら嬉しいです。

 

 

☆ムジカノーヴァに掲載された記事をまずご紹介させてくださいませ。

 

                         

 

 

 

ムジカノーヴァ2015年1月号内の連載記事、   「知っておきたい!幼児の特性・音の並びの把握」

 内で「音の階段」を紹介していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ムジカノーヴァ2016年10月号

「中嶋恵美子先生のレッスンに密着!」の記事内でもご紹介いただきました。

「音の階段」だけでなく、

「ゆびばんごうつみき・どうぶつセット」

も一緒に♪

 

☆参考記事→「嬉しいお手伝い」

 

 

 

 

 

ムジカノーヴァ2017年1月号から厚紙付録担当しています

ムジカノーヴァ2017年1月号に、

「音の階段」~平面バージョン~

が掲載されました。

SHOPでは立体の音の階段を販売して

おりますが、こちらは平面バージョン。

厚紙付録になっており、切り取ってすぐ

レッスンで使うことができます。

使い方の詳細は79ページに。

さらにわかりやすい解説を動画にて

ご紹介しています。

全国の先生方が本当に使える!と

思える教材やアイデアをご提供して

参りたいと思います。

隔月の掲載、次に私の付録が登場する

のは、3月号です。

この「音の階段」~平面バージョン~と

連動して活用できる教材を載せる予定です

ので、ぜひご覧くださいませ。

 

今回の掲載についてブログに綴りました。こちらからご覧くださいませ。

また、この厚紙付録「音の階段~平面バージョン~」の作り方(組み立て方)も

画像とともにわかりやすく説明しております。こちらからどうぞ(^^♪。

 

ムジカノーヴァ3月号~鍵盤シートと階名カードとも連動させて~

ムジカノーヴァ2017年3月号の厚紙付録は、「音の階段」~平面バージョン~(2パターン)
と連動させるために生まれた「鍵盤シートと階名カード」です。
普段あまり悩まない私ですが、今回解説を付けさせていただくにあたり非常に悩みました。
実際に教具をどう活用し、効果があったかを伝えたいと思ったからです。
原稿に不慣れな私の真意を汲み取ってくださった編集部さんに心から感謝しています。
ブログに思いを綴りました。ご覧くださいませ。